PLEXTOR M8Se(G) 1TB 換装レビュー


そろそろNVMe SSDでしょ。
と言うことでM8Se(G)を購入して換装したので顛末記もといレビューを書いていきます。

ちなみに(G)がヒートシンク付き、Nがヒートシンク無し、(Y)がPCI expressボード版と表記を統一したらしいです。
どうでもいいですね。
青い箱がうつくしい。


特になんの変哲も無いNVMe M.2 SSD(ヒートシンク付き。

ToshibaのHG6からの換装になります。
Acronis True ImageのレスキューPEから立ち上げてクローンしてSATA外したらいけるいけるとなめてたらそんなことはなかった

  1. 単純にクローンだけでは何故かダメだった
    デバイスマネージャーのシステムデバイスのAMD PCI2つが!マーク付き、同じくシステムデバイスのHigh Difinition Audioが!マーク付きで音ならず。スピーカーアイコンもバッテン付き。しょぼーん。
  2. お、ROG CROSSHAIR VI HEROの新BIOS3008きてるやん。入れてからやったろ。
    高速スタートアップがFailするようになり、NVMe挿すとデバッグLEDが82になったまま止まって起動させるどころかBIOSメニュー、ブートメニューすら出せず。
    USB BIOS Flashbackで1701に戻しました。しょぼーん
  3. クローンしてから修復インストールしたろ。
    やっと上手く行ったよパトラッシュ。疲れたんだ…。
    でも、ベンチマークだけとっとこ…。ねる。

と言うことで、ようやくこれを書いているわけです。
流石新しめのAMDマザーだぜ、数が出ているIntelマザーとはひと味もふた味も違う。

と言うことでCrystalDiskMarkの結果です。
まず5.5.0使用
 
左がHG6、右がM8Se(G)、圧倒的じゃないかNVMe。
シーケンシャルReadが最大で4倍、シーケンシャルWriteは最大でも2倍ぐらいかな。
Writeが遅いのはSSDの宿命。それでもHDDよりは圧倒的なんだけどね。

6.0.0使用
 
左がHG6、右がM8Se(G)、圧倒(略)。
マルチスレッドになるとNVMeの方がぶっちぎりで速い。

と、数値でみるととんでもなく速くなっていそうなNVMeですが、体感だと速いと感じないです。
むしろ差が無い。

まぁ、体感で差が出なくても速くなってはいるみたいなのでよし。
Intelマザーで対応しているならVROCとか、ThreadripperマザーとかだとASUSマザーでNVMe RAID組めたりとかするらしいんで。対応環境をお持ちの方は是非にそちらをおすすめします。
爆速になるらしいですよ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
広告

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です