HONDA スーパーカブ110 (EBJ-JA10) 納車


スーパーカブ110 (EBJ-JA10)(以下、JA10)を購入し、納車から300km程度走ったので、簡単に書いておきます。

150131-DSC_0303_hd_tr_lr5_pscc

 

私にとっては丸目だった前モデル(EBJ-JA07)(以下、JA07)以来のスーパーカブとなります。
デザイン変更については未だに好みが分かれるところですが、私は現行の方が好きです。

JA07に乗ってた私からすると、
1.期待できないフロントブレーキ
2.入りにくいギア
3.グリップ力のないノーマルタイヤ
これらがそのまま継承されてて、ある意味「カブ110」のままで安心しました。

変わった部分は、ホーンとウインカーの位置がJA07とJA10で入れ替わっていて、
ウインカーだそうとしてホーン鳴らしてしまう失態を数回やってしまいました。

後は、JA07では1枚だったレッグシールドが、JA10では左と右に分割され2枚になってます。
ちなみに、左右接合部の作りは粗く噛み合ってません。
中国製の品質を早速見せつけられましたが、走りに影響しないのでよしとしましょう。

インターネットでJA10について調べると納車後走行50kmでチェーンが破断したユーザもいるみたいで、
300km走行してクリティカルな症状出てないのは幸せなのかなとか思ってしまいます。

JA07の時みたいに納車後走行100kmでネジが緩んで落ちるといったこともなかったです。

 

ハイオク入れたら80km/hくらいまで一気に加速できてるので主要道路も十分ついていけますし、
信号間隔が短い・よく渋滞で詰まるといった都市部の道路事情を考えると、やっぱり自動遠心クラッチが楽で楽しいです。

次頁に、装着したパーツについても書いておきます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
広告

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です