レギュラーガソリンとハイオクガソリンの比較をしてみる


いまいちわかっていなかった、二輪車でのレギュラーガソリンとハイオクガソリンの違い。

石油販売会社のWebページ見ても、利点しか書かれていないし、内容が自動車向けだったので、
それぞれを入れて走ったほうがわかるのではということで、実際両方を入れて走ってみたので、軽くここにまとめておきます。

使用車両は新大洲本田 CBF125 (SDH125-51)
燃料供給装置はキャブレターです。

 

レギュラーガソリンからハイオクガソリンに変えた時

・エンジン回転数低域でノッキングが発生しない
・低回転から引っ張れる

この2つが実感として大きかったです。
ノッキングが出ないので、アイドリング回転数落として振動抑えられ、いいですね。

 

続いて燃費
Gas1 Gas2

レギュラーガソリン 38.97km/L
ハイオクガソリン 42.87km/L

10%近く燃費が良くなりました。

 

燃料1L辺のコストに全国平均を使用して、1km走行するのに必要な燃料費の計算をしたところ、

レギュラーガソリン 4.4円/1km
ハイオクガソリン 4.2円/1km

となり、ハイオクガソリンのほうが経済的という結果に。

この車両だとレギュラーガソリンを入れるメリットはないように感じられます。

 

とはいえ、原付二種に黄色ノズルで給油してると、周囲の目線が気になりますよね。。。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
広告

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です